NHK朝ドラ「スカーレット」常治「熱情が燃えたぎる」百合子「気色わる!」

スカーレット
スポンサーリンク

NHK朝ドラ「スカーレット」

常治!

お前は、たま~に視聴者を納得させるようなことを言うから、視聴者は混乱するわ。

クズでいいから。

やっぱり、自分の娘の結婚相手が安定した職についているかどうかは重要だと思う。

それはわかる。わかるから・・・

だけど、夢を諦めさせていいのかな?

常治のように、失敗するケースの方が多いわけなんだけど、人生、やり直すことはできるわけで、酒に溺れてしまった常治と同じにするのも、いかがなものかと思います。

「熱情が燃えたぎる」百合子が「気色わる」と言うのも納得です。

スポンサーリンク

ネットの感想

何度か書いてきましたが、常治、私は嫌いになれないなぁ。むしろ好き。

そして「常治イコール北村さん」という感じになっています。「じゃりン子チエ」のテツは西川のりおさんじゃないとダメ、とみたいな感じと言いますか。

あとこれも書いたことですが、八郎役の松下さん、関西弁が自然ですねぇ。これまで私か見てきた東京の役者さんで、ここまで違和感を覚えなかった人っていたっけな。

「カーネーション」の夏木マリさんも、もう少しそこがなんとかなっていれば、もっと良かったのになあ、と今更ながらに思っています。

主人が私がハマって録画を帰宅後観てますが
ジョージ(笑)とかの笑えそーなシーンになると
流れるデンデデンデンデデンの音楽面白いと昨夜
今朝思い出し私も笑ったな

15分の中身が濃くて今朝ドラやはりいいね

でも夢をそこまでお金にならんと決めてる常治さん
実は夢はあったんだよね
奥様を幸せにしたいという大きな夢が

私は八郎さんの相手の気持ちをしっかりくみ取る性格
これは喜美ちゃんと結婚出来る常治さんを説得出来る
台詞降臨と想像する楽しみです
明日朝のプレミアムトーク録画して待ってます
華大さんの「良かったね」から始まって欲しいな。

常治が八郎くんを上げたか。
常治もマツと駆け落ちしたので、
自分の経験で言ったと思うが、
八郎くんに陶芸家の夢でなく、
丸熊陶業に勤めてもらいたいとは。

今回の常治に関しては、
常治みたいになってもらいたくないので、
八郎くんに「夢をあきらめろ」でしょうか。
まあ、喜美子を幸せにしてもらいたい気持ちはわかります。

才能やポテンシャルは人それぞれ。
親父さんはいろいろ失敗したきた自分を基準に考えているから、端から八郎さんの成功の可能性を否定してるな。

お父ちゃん、娘への愛情とはいえ、それはなあ…
自分のようになってほしくないのは、わからなくもないけど。
ちゃぶ台返しを押さえるシーン、面白かったです
(^^)

正社員として働きながら、夢を追ってるのは堅実だから。常治は、橋の下で夜を明かすくらいの生活レベルで駆け落ちするただの無鉄砲(笑)
あと、家族に苦労かけたのは、お酒飲みすぎ…のせいでしょ。
ま、家族大好き、奥さん一筋だからなんとなく許せてしまうような、そこに騙されてるような…

川原家の茶の間だけのシーンだったが,ほのぼのした雰囲気が伝わってきた。
お父ちゃんとマツさんがわろてんか夫婦と同じ駆け落ちだったことも分かったし,百合子ちゃんが気味悪いと思う気持ちも画面から伝わってた。

八郎さんは何と答えるのか?
恐らく予告にあったあの言葉は出てくると思う。
どのタイミングだろう?
恐らく私号泣してるかも?
その後のあさイチ、涙でちゃんと見れるかな?

今日Twitterでハッシュタグを付けてスカーレットを見たら、お願いしてないのに視聴者が来週の展開までツイートしてるから何だかな。
本当か知らないけど久し振りに朝ドラでキスシーンを来週やるとか。

萬平さんみたいに史実を曲げて愛妻家にする設定かな?萬平さんのモデルは、台湾にも家庭があったけど日本でも結婚。

熱情が燃えたぎるという言葉がこの時代ではハレンチなんですね。
※創意工夫のない名前って失礼ですよね。(笑

今回のシーンはアドリブばっかりなんだろうな。

お父ちゃん、めちゃくちゃだけど、お父ちゃんなりに八郎と向き合おうとしている。
きみこには苦労をかけたくなくて、自分の醜態を話して八郎に頭を下げるのは、娘への愛情が感じられて涙がでました。
八郎には、きみちゃんと結婚もして、陶芸家の夢も諦めず前に進んで欲しいなぁ!

父ちゃんは働くことをいとわない人なのだから、お酒を飲みすぎなければ、夢をいくつか叶えることはできていたと思うよ。

娘を嫁にもらう前に言っておきたい事がある。

って、一旦諦めたフリして結婚してから常治に黙って陶芸家を目指せばええやん。
作品が売れるようになったら草鞋を一足脱げばいい。
それが出来る環境だし、常治なんて金さえ稼げれば文句言わんて。

コメント

タイトルとURLをコピーしました