NHK朝ドラ「エール」そっか、1話のあの場面につながるのか!

エール

NHK朝ドラ「エール」

この一週間のストーリーは、1話の警備員だっけ?が言った

「先生の曲は人の心ば励まし応援してくれる」

につながるのか!

確かに、裕一は、誰かのために曲を書いてきた。

それが、評価されてきた。

しかし、レコード会社と契約することによって、それは、誰かのためではなく、レコードを出すためにに変わっていたのですね。

そして、西洋音楽に固執してしまった。

廿日市さんも、ちゃんと見ていたわけだ。

それに気付いた裕一は、これから、たくさんの曲を書いていくことになるのでしょう。

遠回りしたように見えるけど、とても大切な遠回りだったね。

スポンサーリンク

ネットの感想

あの子どものころ、なんでも分かって悟っているのに同級生にはまだ理解されてない、、だけど大人の自分(視聴者)には大物になる予感はあった。
まさかあんな女子からキャーキャー言われる感じは想像してなかったんだけど。
あんな自分自身がスターなのに、ちゃんと音さんや裕一の才能を認めて、助言もして支えていって、、。
裕一は本当に色んな人に恵まれてるな~!

最初は誰だか分からなかったけど、ひさしだよって子役ちゃんの映像からのターン、そっくりで成長してこうなったんだな〜とw
ウインクしてからの罪だな、僕の存在が…とかの後で照れてるんですね、演出がいつもとても楽しいですw
ミュージックティーチャーの出番が無くなり寂しくなると思ったら、東京では山崎さんがいい味出して笑わせてくれてますね。
キャストの皆さんもお話もとても良くて毎日楽しみな朝ドラです。

今日は、ちょっぴり素の育三郎くんを感じられて嬉しかったです。一生懸命キャラを作ってるんだ〜、って感じで微笑ましかった^_^毎朝、育三郎くんの出番を楽しみにエール見てます!

品のある大人な紳士の雰囲気と面白くて明るいちょっと可愛らしい雰囲気。
一見相反するのかもしれませんが、どちらも育三郎さんの魅力で素敵な方だと思います。

山崎君は男前なうえに歌もうまい。
天は二物を与えたんだなと思う。

うさぎ(ななみちゃんっていうの?)の声をしている人がどんな瞬間でも笑っている。笑い声で質問し、とにかくうるさくて耳触りだった。ななみちゃんの普段のキャラなのでしょうか?

謎の男→プリンス→佐藤久志

なんちゅう変わり身の早さ(^^;

コメント

タイトルとURLをコピーしました