NHK朝ドラ「なつぞら」山口智子再登場だけど、演出が下手すぎて。。。

なつぞら

NHK朝ドラ「なつぞら」

山口智子再登場させるなら、もっと驚かせてほしかったな!

てか、昨日から知ってたけど、ネットが悪いのか?

いやいや、脚本、演出が悪いと思う。

再登場して・・・だから?

ですよね?

それより、高畑淳子の話の続きを聞きたかったわ。

しかし、ここに来て、なつの評判は、ガタ落ちですね。。。

本当に、有能なアニメーターなのか?と疑問に思ってしまうくらい。

今日のキャラクターは何だったの?

素人でもダメなことわかるわ。

ずっと、誰かのアイデアで生きてきたよね。

なつの本当の実力を早く見せてください!

スポンサーリンク

ネットの感想

なつってダメ出しされるといつもブスっとして、「けど…」ですね。
で、結局は人のアイデアをヒントにして描く。
ゼロから作り上げた事ってあったっけ?

今日のなつぞらは吉本新喜劇のようなドタバタでした。あえてあやみさんを出す必要性を感じなかった。カッコよく一人で旅立ったからこそ、胸に刻まれることもある。それよりもトヨばあちゃんの話をじっくり聞きたかった。じいちゃんと同じくらい色々な苦楽があったと思う。
今回のなつぞらというドラマは過去のヒロインを出すことにこだわり過ぎて、かえって話が散らかってしまい何を一番描きたかったのかがぼやけてしまった気がします。

下山は、十勝でスケッチした優と泰樹の絵を見せる。すると、忘れかけていた揺さぶられるような感情が沸き起こり、なつは勢いよくソラのイメージを描き始め……。

って書いてあるけど、全然そんな風に見えなかったよ。
下山さんの絵を仕方なく見て仕方なく違う視点から描いてみようってなつの表情だった。
広瀬すずちゃん可愛いけど、喜怒哀楽一つ一つの表情が感じ取りにくい。
湧き上がる感情とかなさそうなんだよ、この子。

なつは本当に優秀なアニメーターなのかな?
いつも、人からのアドバイスを受けないと描けない気がする。
緑が多い風景に緑の衣装とか、感性の欠片も感じられないのだが。じいちゃんは支え合いながら開拓して来たと言っていたが、東京に来てからのなつは支えてもらってばかり。

もうすく最終回。迷走は止めて、じっくり苦労して作品を作り。ヒットする様子も描いて、妹と再会してくれればいいな。
いつの間にかサラッと作品ができて、知らない間にヒットしたことになるのだけは勘弁して欲しい。

18年アニメーターやって、しかも結婚相手が演出家なのに全否定レベルのダメ出しされるってある意味すごいな。

女王様がいつキレ出すんじゃないかヒヤヒヤしたわ

完全に社内の腫れ物。見てるだけで気疲れするから周りの人は大変だね

社内の人全員がすごく気を使って、主人公に仕事を「してもらっている」感じがした。こんなに会社で丁重に扱ってもらえるなら、誰だって子育てなんか放ったらかして仕事したいと思うだろうよ。

さよならも告げずにいなくなった母代わりのあやみさんにあんなに突然会えたら驚いて涙が止めどなく溢れてくるものじゃないのかな?

感極まってうるうるしてる咲太郎には共感できましたが、なつはいつも淡々とし過ぎてて全然共感できない。

キャラ画のやりとりも何でそうなる?
9割下山さんでなつの力じゃないし。

完成アニメとじぃちゃん、千遥が見たいので見続けますが、こんなにモヤモヤするドラマは初めてです。

なつはオリジナルのキャラクターデザインとして今まで優秀だったような描写は一切ないのに、何故周囲はみんな「なっちゃんならできる、得意でしょ」という空気なのかさっぱりわからない…。
作監やったキックジャガーと魔界の番長は原作モノだし、クリフでは任されたキアラを結局生み出せず、仲さんの絵をそのまま採用。
そして今回も下山さんのスケッチを丸パクリ。
そもそもなつは今回の十勝取材で何してたの?実家への里帰りと案内役だけですか。

いつも誰かからヒント的なものを貰わないと描けないよね…。なつの中には、そういうゼロから何かを生み出す才能ないじゃん…。下山さんがキャラデザした方が、優しいキャラクター作れそう。

やはり周りの支えあってのなつですね。
もう少し、彼女のすごさがわかるドラマの作りだったらわかり易かったです。
やっぱり真のアニメ会の開拓者はマコさんか坂場さんというのが自然に感じます。結末に期待します。

スタジオの全員からダメ出しされるキャラデザを「どこがだめなの?」と提出するなつに才能?これが今までヒットを飛ばしてきたアニメーター?
陽平さんからは「保護色になる」という基本的なことまで指摘されている。新人も同然じゃん。
なつに「う〜ん」という困り顔をさせていれば苦労しているように見えるとでも?
マコさんがなつを励ましたり、下山さんが己のスケッチを差し出してアドバイスしたりしているのも、結局なつ姫をちやほやしてるようにしか見えないんだよね。

あやみさんは咲太郎から離れて自分の第二の人生を歩むのかと思ったら、皆に会えてハッピ〜!って…じゃあなぜあんなふうに出て行ったのか。過去のシーンはもちろんあやみというキャラクターを台無しにした。
最終回付近にその後の消息を知らせる手紙くらいがちょうど良かったのに。

今日もひどくて満足。

なつって、キャラクターデザインするのって得意じゃないと思う。
今までも流石!って言われてたのって原作漫画がある場合だけだし。
なつなんか放っといて、どう考えてもなつより画力も才能もある神っちにキャラクターデザイン任せれば良いのに!と思ってしまう。

自分がキャラを描けない責任を他の作品になすりつけるような言い方はさすがに・・・

やっぱり朝ドラは大阪製作にかぎるんかな。

ヒロインなのになかなか視聴者からの支持が得られないのは、
なつの一人勝ちシーンが多いからではないかな。

東洋動画での仕事ぶりも、なつが部下に支持を出しているシーンが一回だけ。あとは1人で黙々。今日のシーンも、あっちゅう間に東京に帰ってきて、メイクバッチリでお仕事モード。

アニメって、大人数をまとめ上げて出来上がるものだと想像してるので、そんなシーンが省かれたのか、気づいたら「なつの手柄」みたいになってるので、なつがどれ程のベテランに育ったのか全然伝わってこない。

ながら見をしてるので、もう会話のほとんどを聞いてませんが…。
おそらく大団円になるようにしていくんでしょうけど、そういう観点から、なつを中心に人が集まることにどうも納得がいきません。
咲太郎夫婦や柴田家、雪次郎ゆみ夫婦や茜の家族、それぞれ皆んなそれぞれの場所でハッピーエンドを迎えてほしい。

18年もアニメーターを最前線でやってきて、東洋動画のお偉いさんたちからも才能を褒め称えられて惜しまれつつ引き抜かれたというスーパーななつなのに、背景と衣装が同化してしまうようなキャラを描いてツッコミを入れられるって…
何を思ってあの妖精?野生児?に至ったのか謎…

そもそもあのキャラ、あの格好じゃ北海道では寒いっしょ

亜矢美さんのスタイルの良さはフーテンとしては最大の武器だろうと思った。誰とでもすぐに打ち解けられそうだし。
マコプロに水飲み鳥が置いてあった。今になって思うのだが,あれは何のためにいたのだろうと時々考える。

もう東京に戻ったのかとガッカリしてしまった

アニメのプランに突入したシーンで、ダメ出しされるとムスッとした感じになるナツ
あれでOKが出ているんだろうけど、なんか感じ良くない

この作品を作ってみたい!と思って東洋を辞めて麻子プロに来たんだし、イメージがフツフツと込み上げてきて、キャラクターの生み出しもスラスラと進んでも良いんじゃないかと思うんだけどな

なんかねー
なつが有能な人に全然見えないんだよねー
ヘンゼルとグレーテルもユミから貰ったアイデア。
仲さんからのキャラのアイデア。
キックジャガーも原作ありきで、マコさんが原作を読んで面白いって言ってたのに知らない。
大草原の小さな家も知らない。
勉強不足だよねー
そして今回のキャラも下山さんからのヒントと…
モデルの人がかわいそう…
夫とはいえ仕事ん時は敬語で話そうよ。
一久さんは敬語で話してたよ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました