NHK朝ドラ「なつぞら」天陽くんには神田日勝(かんだ にっしょう)というモデルがいたのか

なつぞら
スポンサーリンク

NHKあさどら「なつぞら」

天陽くんに死亡フラグがっ立ったので、なぜ?と思って調べたら、モデルとなった人がいたのですね。

神田 日勝(かんだ にっしょう)さんという方らしい。

絵の才能はありながらも短命だったらしい。

才能ある方は、短命なのね。

で、そのとおりに描いちゃうってわけか。

原作なしということなので、その設定守らなくてもいいのでは?と思いますが。

脚本としては、盛り上がらせやすくなりますけど、どうなのかなぁ?

天陽くん、ほとんど出番なかったし、可愛そう。

もっと出してあげてほしかった。

スポンサーリンク

ネットの感想

なつは優に負い目もあるし、「親子なのだからありがとうは要らないよ」位の気持ちで言ったのだろうけど
子供ならああいう風に受け取るだろうなとは思った。やはりなつは言葉が足りなすぎる
それに昔の自分と優を重ねていたけど、なつと優の置かれている環境は違う気がする。
言っては何だがなつは自分の親としての責任を周りに押し付けている感じがする
脚本家の方はあえてそうしているのだろうか?

光子さんの疑問は周りの人達の反応として正しい。他人でも親子でも「ありがとう」は必要
でも優は礼儀も言葉使いも歳の割にはかなりしっかりしていると思う。茜さんの育て方が良かったのでしょうね

久しぶりの夕見子は相変わらずさっぱりとしていて清々しいし、雪次郎の話し方がお父さんに似てきたなと思った

来週はなつも神っちもマコプロダクション行きになるのかな?天陽君との別れがなつに決心させるのかな

なつはモデルになった方の生い立ちとかを全然なぞってないのに、天陽くんのこういうところだけは史実をなぞるのかな…
これこそなぞる必要はないと思うのですが。

天陽のモデルになった人の人生を考えるとこういう展開になるんだろうなと序盤の時点で覚悟はしてた。
でもこのドラマでそこまで一致させる必要ってあるかなと疑問にも思うんだよね。

天陽くんの人生は、モデルの方と同じ結末にしなくてもいいのに…。それだったら、なつの「順風満帆、困ったときは周りが助けてくれるラッキー人生」は止めて、モデルの方と同じような流れにすればよかったのに、と思います。

子供の頃TVで観たアニメは、どこか原作と違って面白く無いと感じていましたが、なるほど制作者側の良かれと言う思いが作品を壊していたと言う事でしたか。
それはさておき天陽君は9月早々亡くなるのですね。
優ちゃんを十勝に連れて行く約束は守れないと思ってましたが、こうなると話は変わって来る。
いくら自分勝手ななつでも帰省するしか無いでしょう。
昨日の朝イチで、華丸さんは次週の予告編を観ないと言っていましたから知らないでしょうが、夕見子が持って来た情報で想像は出来ますね。

モデルの神田日勝さんが夭折されているので、もしかしてとは思ってましたが。。
そこまで描かなきゃダメかぁ。
来週は辛いですね。。。

広瀬すずが全く歳をとらない。前髪が目にかかってるのが気になります。昭和の時代でしょ?
朝イチの時みたいに額を出したら良いのに、、お母さんじゃなくて、親戚のお姉さんみたいです、
見た目にこだわりがあるのかな〜演技力無いんだから、そういうところ気を配って欲しい、

雪次朗が天陽を見舞に病院へ雪月の箱菓子を持参した。雪次朗は、箱菓子を天陽に渡すシーンがありました。箱菓子が逆さで受け渡し保管しています。包装紙の包みまで確認して下さい。

「天陽君に会いたいな」と言うなつのセリフにも坂場は動じることもなくフッと笑うだけでした。最初の頃なら真面目な顔を見せていたでしょう。みんな成長しましたね。夕見子の進む道もほとんどの人が納得するものでしょう。
なつだけが成長途上ですが、まだ一か月ありますし、これからですよね。

天陽が亡くなるのは、神田日勝氏がモデルだから想定内。しかし神田氏は32歳で馬の絵が未完のままで亡くなってる。天陽も同じかな。
32歳で子供を残して行くのは、本当に耐え難い運命だったのだろう。
天陽はなつにとって、人生の道を照らしてくれた人だから辛いね。

ありがとうは言っちゃダメってママに言われた、に対して、それは、おかしいというコメントがあるが、読解力がなさすぎます。物語を読めていません。
この真意は、ドラマを見ていればわかるはず。
いつも仕事で保育園へ迎えに行けない事が多いなつが、まだ日の沈まぬうちに優をお迎えに行った時、優はお母さんが迎えにきてくれたことが嬉しくて仕方がなくて、ママありがとう!って言ったのだ。働く母親なら娘のありがとうに、どんな思いを抱か想像できる。
そんなことでありがとうなんて、言わないで、お母さんは当たり前のことをしただけ。いつも仕事に忙しくて、当たり前のことをできなくてごめんね、という思いを母として持っているのです。
だから、ありがとうなんて、言わないで、なのです。

もうここへ来てそれは無いと思っていたが・・
ここだけ、実在者をなぞってしまうのか、
登場人物のお別れは無いドラマだと思っていました。
今までの影響力も十分でしたが、
せめて、今一度心に深く刻まれるような
存在感を残して欲しい。

今週もこのドラマが何を伝えたいのかまったくわからななかった。なつへの不満だけが溜まった。北海道に戻るのはいいけど、天陽君を殺すのは勘弁してくれ。

北海道編を絶賛してアニメ編を酷評するコメントが目立ちます。確かに北海道編は素晴らしかったですが、北海道だけで完結させるとしたら、なつが天陽君と結婚し子供を育てながら酪農を続ける。この基本スタンスで半年の長丁場、間延びせずドラマが成り立つのかはなはだ疑問に思います。
連続ドラマにメリハリをつけるためにも場面転換は必要だと思います。

感動を呼ばない脚本。
本当に北海道編と同じ人が書いてるのか?と思う。

脚本最悪になってきた。北海道だけの話なら最高だったのに。天陽君死なすの?やめろよー。頼む天陽君は元気になれ。
まあじいちゃんずっと元気で嬉しい

天陽くんのモデルになった方も
はやくにお亡くなりになっているから
脚本というよりも、事実に近い部分な
のだろうね。

優ちゃん、何年ぶりかに会う夕見子に全然人見知りしないな。めっちゃフレンドリー。
何年も他人様に預けられてその辺タフになっている。

なつよ、ブーイングの嵐のなか来週に続けよ…

全くその通りだ!母親としてのなつの鈍感さにあきれ返る。優にありがとうなんて言わなくていいんだよって、それを言わせているのは、お前だ!!これはなつが富士子ちゃんからもらった言葉だが、母親をろくにしていないなつが言うと、全く違う次元の意味になる。そもそも視聴者が同じ言葉でも富士子ちゃんとなつから発せられるとこうも違う意味に感じてしまう、という点で、この脚本家は終わっている。もう、この脚本家が書いたドラマなんていうのは、二度と視聴しない!
来週は天陽の死が山場になってしまうが、その前までになつの母親としての成長が一切見られない。故に視聴者は、なつという女は、天然陽の死のような人生の山場的出来事がなければ、自分の生き方を見つめ直せないのか?とますます鼻白む。
すずちゃん推しである。
が、なつをイキイキ演じていないすずちゃんにも多少の責任はあるね。

天陽くんに、死亡フラグ立ちましたね。
切ない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました