NHK朝ドラ「なつぞら」草刈おんじの扱いは牛より難しいのさ

なつぞら
スポンサーリンク

NHK朝ドラ「なつぞら」

草刈おんじ、相変わらず扱いが難しいな。

誰よりも、なつのことを思っているのはわかってるさ。

少しは、おとなになってよと思います。

で、なつ・・・

あそこまで行って、なぜ言わないのかが、おじさんにはよくわからないぞ?

アニメーターになりたいという切り口のほうが、みんなな後押ししてくれると思うのだけど?

草刈おんじもあそこまで怒らなかっただろうに。

あれじゃぁ、草刈おんじが結婚話をしたから、居場所がなくなって、東京に行きたいと思われても仕方ないんじゃないかな?

本心を打ち明けられたのは、天陽くんだけか・・・

やっぱり、おじさんにはわからん。

スポンサーリンク

ネットの感想

これは…照男に春の予感ですな

なつは照男との結婚を迫る爺ちゃんに『そう思うのは私を他人と思うからでしょ?』と訴えたが、なつもしょっちゅう『私はこの家になんも恩返しできていない。』と他人行儀な事を言う。
結局、なつは矛盾した心を抱いている事に気づいていない。
今日、そんななつを真剣に怒った富士子と『あんたは自分勝手なんよ。あんたなんかに振り回されてたまるか。』と言ってくれる夕見子がいてくれて良かった。
こうやって、少しづつ本当の家族になっていくんだろう。

天陽くんの眼差しが自然で良かった行って欲しくないのに頷いたのも
なつを思ってる感じが凄い出てる演技で十勝の山並みが更にその演技を
演出してるかの様だった 吉沢亮くんいいね。

ウサギが動いた!華丸さんも言ってたけどね
私はいよいよアニメーションの世界に動き出した感じの演出の様で
今朝ドラ演出良いなぁ~と思いました十勝が良いよね

華大さん35歳で上京は恥ずかしながら初めて知った
下積が長いのは今に生きてると思うな。

昨日の放送で
命の恩人である方の家から
朝一無言で立ち去ろうとしたなつ
凄い違和感があったわ

照男兄ちゃん阿川家にいくのね。
これは砂良に惚れるパターンくるかな?

なっちゃんもここまできて東京に行く本当の理由も言わないし申し訳ないっていってどんだけ自分の気持ち出さないだ遠慮してるんだよって思ったけど、
柴田家もなっちゃんも本当の家族ではない負い目がずっとあったんだよね。それをおじいちゃんが力技調略でぶっ壊して、なっちゃんが自分の役回りを今後どうしていいかわからなくなったところへアニメーターへの夢がより強くなった。
でも、柴田家には恩を返してないし、アニメメーターになりたいなんて言えないんだよなぁ…
でも柴田家もなっちゃんの気持ちもお見通しみたいだね。
お母さんの引っ叩きと一喝はすっきりした。
言ってくれてよかった。

照男にーちゃんには幸せになって欲しい。
じーちゃんはなつの事ばかり見てるけど照男は立派な跡継ぎになるよ。もうなってるかな?
なつの事に関してはじーちゃんより大人だし。

今日は柴田家のみんなの、それぞれなつにかけた言葉は違ったけれど、なつを大切に思う気持ちはよく伝わってきたなあ。あえて夕見ちゃんくらいの言葉のほうが、救われたりするよね。

天陽くんの振り返ってなつを見つめる目、切なかった、、。悔いの残らないようにしてほしい。

照男と砂良、結構いい雰囲気?!

なつは、酪農を辞めることが爺ちゃんへの裏切りになるようで、アニメーターになりたいと言いだせないんだろうけど。
「お兄ちゃんを助けるために東京に行きたい」って言葉を「柴田家の家族を捨てて元の家族の元に戻りたい」って意味だと、泰樹さんは受け取ってしまって、今日のキツイ言葉になってしまったんでしょうね。
素直に「アニメーターになるために東京に行きたい」って言った方が、泰樹さんは傷つかなかった気がする。

北乃きいがひさびさ見たけど綺麗になってた。

照男兄ちゃんと砂良が恋に落ちてメデタシ?
何てなると、なつも東京へ行きやすくなるな?

天陽くん、なつへ自分の気持ち伝えることを先延ばし。その控え目な一面が、裏目に。なつの夢を聞いたら、もう告白無理だなぁ。なつが、遠くへ行ってしまう存在になる事を案じているのか、見つめるその目は、儚い。

北乃きいちゃんがいるのなら毎日通います。

ハハハハ、なつが一番他人行儀だと良く理解出来た回でした。

たしかに妹を見つけたいとみんなに言えるぐらいだから,上京してアニメーターとして生活したいと話す方がハードルは低いと思えなくもない。

ベタだけどこれでいいんじゃない?

東京に行きたいと家族に伝える時に
アニメーターになりたいという目的も伝える方が自然な流れ。
話数稼ぎだな。

今日のおんじはかわいさ余って憎さ百倍君だったのかな。
一番可愛がってただけに裏切られた気持ちで激昂したんだろうけど、余計心が離れて行くよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました