NHK連続テレビ小説「半分、青い。」脚本家によってドラマは良くも悪くなることを実感

半分、青い。

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」

唯一まともなキャラだった仙吉じいちゃんが亡くなりまして。。。

朝ドラでおなじみになった「仙吉ロス」などという言葉も出てくるのでしょうか?

今回、スズメは、漫画になるまでの物語だと思って見始めたのですが、見事に裏切られた感があります。

そういえば、「あまちゃん」海女さんからアイドルへなりたいなど、いろいろわがままを言ってましたが、ここまで叩かれることはなかったように思います。

それは、脚本家クドカンの力によるものなのでしょうか?

「じぇじぇじぇ」というのも流行りましたけど、今回は、「ふぎょぎょ」は流行る気配もなし、むしろ嫌がられてますね。

ドラマを構成していく上での使い方が脚本家によって、こんなに変わってくるものなのですね。

「ひよっこ」もあっちこっち話は飛んでいましたが、全部回収してくれて後味が悪くなることがなく見れました。

「半分、青い。」は、話が飛ぶと飛んだままどこかへ行ってしまって、その後どうなったの?と。

視聴者が想像してくださいということなのでしょうか?

その後が気になったりしますが、すでになにがあったのかも忘れてしまっています・・・。

今回は、辛口コメントになってしまいましたが、最終回までに律とスズメがどうなるのかは非常に楽しみです。

仙吉じいちゃん、また登場してくださいね。

「わろてんか」の松坂桃李もなくなってからも登場してましたし。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました