NHK連続テレビ小説「半分、青い。」律と清から見る結婚観

半分、青い。
スポンサーリンク

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」

律と和子さんの会話シーンが素晴らしかっただけに腑に落ちない律の結婚生活。

あれだけ愛情を注いでくれた家族、環境にいながら、愛情の与え方がわからないという。

今の奥さん、より子との結婚生活には殆ど触れられていないので、律と清の交際シーンを振り返ってみます。

律が相手の女性に対して求めるもの?

清とは、運命の出会いと言っていた。

しかし、我が強すぎた。

いわば、律の思い違いだったわけですね。

そういう間違いを繰り返しながら、結婚相手を選んでいくのが普通。

律はどのような女性を求めているのか?

律は、小さい頃から、一人が好きだった。

いや、好きだったかどうかはわからないが、結果として一人でいるのが多かった。

一緒にいるのは、スズメとブッチャーぐらいだったもんね。

律の親は、十分すぎるほどの愛情を注いで律を育てた。

愛情を注ぎすぎたというのが、ポイントなのかもしれない。

それが、律にとって負担になっていたのかもしれない。

親は子供に、どのように愛情を注げばいいのだろうか?

スポンサーリンク

律も悪い。週末ぐらいは、家族のもとに帰ることはできるはず。

ドラマを見ている限りでは、帰っている様子はなし。

これでは、夫婦関係がおかしくなっても仕方がない。

まぁ、その前に破綻していたのでしょうが。

律は、結婚に向いていないとも思える。

律が、唯一心を許せるのはスズメだけなのかもしれない。

もし、スズメと律が結婚していたのなら?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました