NHK連続テレビ小説「半分、青い。」バルミューダがモデル?律とスズメで扇風機を発明

半分、青い。

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」

一週間を振り返ってみましょう。

なんと言っても、律が起業に興味が出てきたことですね。

一流企業からの起業というのはとても勇気がいることだと思います。

会社にいたほうが安定した生活ができる、そのかわりに自分のやりたいこととは違う仕事をしないといけない。

起業すれば、自分のやりたいことができるが、生活は不安定になる。

律の心の葛藤、よくわかります。

今は、独り身だし、元妻も再婚されたようですし、挑戦するには良いときかもしれません。

ところで、これから、ストーリーは扇風機の発明、開発に移るようですが、このモデルってバルミューダだよね?

BALMUDA GreenFan

スズメ一人じゃ無理な開発やわな。

律の協力が必要ってわけか。

母親のためにそよ風。

そのために病気にした?

で、大納言で働いていたときの、店長の言ったことがヒントになるわけですね。

何を言ったか忘れましたが・・・。

壁に向かって扇風機を当てている場面がありましたよね。

そのために大納言で働いた?

多分、これまでの話の中で、いろんなヒントが隠されているんだと思うんだけど、今更、持ち出されても覚えてないんだよねぇ。

スポンサーリンク

ん?今までのスズメの発明商品は誰が作ったのかな?

開発、製造の資金は?

謎だ・・・謎が多すぎるドラマだ。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました