NHK連続テレビ小説「まんぷく」第1週の感想

まんぷく

NHK連続テレビ小説「まんぷく」

早くも、第一週が終わりました。

感想のまとめを書いてみます。

前作「半分、青い。」が消化不良で終わってしまったので、今回の朝ドラには、期待と不安がありました。

第1週では、それぞ朝ドラ!というのが率直な感想です。

「まんぷく」では、幼少期がなかったので、どうやって三姉妹が育ってきたのか?というのも気になります。

いきなり、本編が始まったようなイメージでしょうか。

ただ、その分、第1週にしては、スピード感、テンポが良くて次週も楽しみになる展開でした。

スポンサーリンク

萬平さんのニヤニヤ顔が、一歩間間違えれたら、怪しいオヤジにしかならなかったところを好印象に持っていけたのは、長谷川博己さんの演技の上手さとキャラクターの設定がしっかり描かれているからだと思います。

キャスト陣も豪華で、キャラクターに合っていてバッチリ!です。

予告を見ると、次週は、咲(内田有紀さん)が結核になってしまうようなので、この先の展開が心配です。

やっと気づいたのですが、「まんぷく」って萬平と福子の物語なので「まんぷく」なんですね。

インスタントラーメンの話だから、「まんぷく」になったのかと思っていました。

もちろん、そういう意味もあるんでしょうけど。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました