NHK朝ドラ「なつぞら」マコプロのモデルって?天陽くんの残したもの

なつぞら
スポンサーリンク

NHK朝ドラ「なつぞら」

天陽くんが亡くなるという、衝撃の週でした。

天陽くんのモデルである人、神田日勝が短命だったから、ドラマでも史実に基づいたのでしょうね。

でも、原作なしの脚本だから、長生きさせてあげても良かったんじゃない?とも思う。

そして、なつも東洋動画を辞めてマコプロへ。

マコプロってモデルとなかった会社が実在するのでしょうか?

東洋動画にとっては「うちが育てた優秀な人材を取りやがって」と、マコプロに圧力がかかってもおかしくないように思うのですが、そこは大丈夫なのかな?

ところで、魔界の番長が好評だったとは。

優ちゃんには不評だったと記憶しているが。。。

モデルはデビルマンだよね?

好きでしたが、女の子には不評だったのかな?

スポンサーリンク

ネットの感想

朝ドラのおかげで知らなかった画家とその作品に対する思いを知る機会を得ることが出来た。作品を観たい人達が増えれば全国で展示会をしてほしい。便乗商法ではない。観たくない人は行かなければ良いのだから。

父がまさしく十勝の牧場出身です。この画家さんは、十勝では有名らしいです。ベニア板に描いて…となんやら教えてくれました。
朝ドラのおかげで、今まで知りえなかったことを知ることが出来る。新たに興味を持つ人がいる、それはとても良いことではないかと思います。
天陽くんが亡くなったシーンは、本当に尊く、自然の中に帰るということを感じさせられました。とても良かったです。

便乗やら無名画家やら言われていますが、日本の画家をどれくらい知っているのでしょう?
このようなチャンスを活かし、素晴らしい絵を観てもらう事こそです。
ちなみに巡回展はドラマの構想前から検討決定したものです。

なつぞらドラマの天陽君の死に悪乗りして現地に祭壇を作り、吉沢亮の遺影を飾ったらしいけど感心しない。例え似顔絵で本人の承諾を得ていたとしても(役者だから嫌でも承諾するだろうけど)現存する人を遺影に利用するのは止めるべき。
それよりも「天陽くんのモデルになった神田日勝氏」と注釈を付けて故人の遺影を飾った方が現実味があったと思う。

東京で日勝の作品を観る事ができるのは、楽しみですね。
是非とも未完の遺作「馬」を観てみたいものです。
私が神田日勝を知ったのは、とある推理小説で遺作(絶筆)を含め記念美術館と共に題材になっていた事からでした。
しかもこの本には、遺作がカラーページで挿入されており、強く印象に残りました。
「なつぞら」開始序盤で、山田天陽のモデルが神田日勝であることを知り、なつが天陽の描いた馬のパラパラ絵でアニメの原点触れるシーンを始め、高校の演劇部の手伝いで背景を作成するシーン、そして作品を完成させて逝くシーンと、アニメ史を含め史実と対比しながら視聴しています。
さて日勝を知った推理小説ですが、有名なシリーズ物の一編でして多くの作品がドラマ化されていますが、この作品は未だドラマ化されておりません。この小説のドラマ化にも期待しています。

20年前ぐらいに観に行きました。
帯広から神田日勝記念美術館は、少し距離があるから行きづらいかもですね

記念巡回展をしてくれると中々、そこまで観に行けない方は嬉しいと思います。

道東十勝では有名です。是非広めて貰いたい。

北海道民です。
10年ほど前に十勝でこの馬の絵を見ました。
素晴らしかったです。

神田日勝さんは豪雨の中を農作業して肺炎になり、亡くなったと紹介されていたと記憶しています。
この絵の他にも素晴らしい作品がいくつも展示されていました。

道民として大変誇りに思う画家の一人には違いありません。
皆さんに本物を見ていただきたいです。

ぜひ名古屋に…とまでは言わないが、
せめて西日本にも来てほしいです

天陽は馬の絵を亡くなる直前に仕上げたが、モデルの人の馬の絵は未完成だったのですね。とても、いい絵です。

北海道民です。神田日勝さんのこの絶筆の馬は時々目にしていました。
でも、何となく悲哀やら壮絶さやらを勝手に想像してしまって…。
なつぞらでは、馬の絵を完成させましたよね。
それだけで、すごく温かい気持ちになれました。実物の絵を見に行ってみたい。
そう思えるようになりました。

未完であるからこそ想像力を掻き立てられる不思議さ。巡回展はぜひ伺いたい。

神田日勝は北海道民の内、普通の教養がある人ならば誰もが名前を知る存在ですが、朝ドラの天陽くんを通じて、全国的にも知られて嬉しく思います。

神田日勝の作品は凄い。でも、ドラマの中で天陽くんの描いてる絵は誰が描いてたのでしょう?アレも凄い!

作品を見てみたいですね。
心を打たれる作品は、何十年経ってもいいんでしょうね。

北海道の絵描きと言えば、小樽の近くの岩内町の木田金次郎がいる。この人は「有島武郎」の小説「生まれいづる悩み」のモデルになった人だ。
木田金次郎は、農業ではなく実家の漁業の跡継ぎと東京での絵の活動で悩んだ人だ。
岩内町にも木田金次郎美術館がある。機会があったら、こちらも見て欲しい。

今の世の中何をしても、イチャモン付けたがる、心の狭くて、気持ちの小さな情け無い人がいますが、そんな人の事は無視して、
良いものは良いんですから、私も馬の絵
観て観たいです、北海道までは遠くて行けないので、関東でも宜しくお願いします

なつぞらに出てくる天陽君が描いたとされる絵も素晴らしい。実際は、無名な画家が描いたのかな?それとも、なつぞらに出てくるアニメでは、有名なアニメーターが描かれている作品も多いので、有名な画家が描いたのかな?

スピンオフとかでは無く連ドラで天陽くんの人生が見たい。

朝ドラの主人公、この方がよかったなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました