NHK朝ドラ「スカーレット」常治、クズだったけど、ありがとう!川原家と大野家の愛の詰まった松茸ご飯とお皿

スカーレット
スポンサーリンク

NHK朝ドラ「スカーレット」

クリスマスの朝なのに。。。

常治、ありがとう!

本当にクズな父親だったよ。

でも、愛に包まれていた幸せものですね。

あんな愛の詰まった大皿で最後に松茸ご飯を食べれるなんて、どれだけ愛されてたんや。

川原家と大野家の関係もステキです。

そして、信作が男らしい!

百合子、惚れちゃうね。

複雑な気持ちですが、応援するよ。

直子は、帰ってこなかった。

なにか理由があるんだな。

喜美子と八郎、「仲良うせえよ。」

スポンサーリンク

ネットの感想

今までの常治は観ての通り、
酒、借金などでとんでもなかったが、
最後は武志をかわいがる良いおじいちゃんになってましたね。
武志をかわいがる常治はとても良かったです。

常治が逝ったらこれからの「スカーレット」はどうなるのか。
大きな穴が開いた感じがしますね。

最期の松茸御飯、おいしかったでしょう。
松茸御飯のお皿、武志が描いた常治の似顔絵が印象的ですね。

最近のギスギスした関係の喜美子八郎夫婦には常治マツ夫婦は手本だったはず。
その常治から最期「仲良うせえよ。」と言われ何か感じ取ってくれればいいのだが。
直子が間に合わなかったことが心残りなのだが、恐らく信じたくない気持ちがあったんだと思う。
軽いネタバレで彼氏連れてくるんだね。
常治が生きているうちに連れてきて欲しかったよ!

苦しい中にもほろっとさせる場面もあり,悲しい中でもみんなで励ましあったりする場面の中で常治さんは旅立った。現代にはほとんどない義理と人情を見させてもらった回だったと思う。

喜美ちゃんを呼び止め頭を撫でる常治さんに泣けた
「寝んといて…」分かってても若き日の父親を語る
喜美ちゃん… この日がくるのが嫌でした北村一輝さん…
本当に寂しい常治さんあっての「スカーレット」だった
お疲れ様でした…。

今後、八郎・喜美子がどうなっていくか…
戸田恵梨香さんなら「スカーレット」を喜美ちゃんを
しっかり演じ切る私は一視聴者ですが心から
「スカーレット」応援しています
こんなにヒロインの気持ちが伝わりヒロインに教えられる
朝ドラは久しぶりです。

酒飲み嫌われキャラが喜美子と八郎の結婚を許したあたりから手のひら返しの人気キャラへと変わったけど、そんな単純な事ではなく、もともと情に弱いお父さんの人徳の大きさはドラマにとって非常に大きな隠れテーマになっていたような気がする。お父さんとの死別もそこを前面に出して喜美子が日本一のお父さんと称するようなシーンが見たかった。もともとしっかりとした脚本だったので期待していたのですが、

月曜日の常治の言葉、私が常々思っていて、それが私が常治が好きな理由の要約にもなっていました。

「お前なあ、顔も性格もようなってみい。何の特徴もない、しょうもない男なってまうわ」

付け加えて正確に言うならば「見た目顔も性格もようなってみい」です。見た目当たり障りのない人間ばかりのドラマには奥行きも味も出ないです。

人間は元々、混沌を宿す存在ですし。トータルで見ないと。

常治は内面は悪の塊ではない。拠り所がない育ちを考えたら、甘える対象が酒ぐらいしかなかった時もあったのかもしれない。

でも、守るべきものはずっと守ろうとした。妻とは仲が良かったし、本人なりに子どもを想いを守ろうとしたところは、アル中のDV男では決してない。

特徴だらけの常治、私は好きでした。寂しくなります。

常治演じる北村さんの演技がただただ凄かった。琵琶湖の回想シーンの元気な姿からこんな展開になるとは想像してなかったな。

本人はあさイチでも好感度気にされてるようでしたが、私の中では爆上げしましたよ!

家族に囲まれ自身の最期に迎える心境は幸せなことと思いました。

常治さんは喜美子を呼び寄せましたが同時に私は誰を呼んで何を伝えるのか考えていました。

昨日も書きましたが、なんで死なんとあかんのかな。
このくだりいる?
せめてもうちょっと歳とってからでもよかったんとちゃうの・・・
お父ちゃん、喜美子の頭ポンポンしてた。
涙が滝のように流れてきたよ。
最期に、家族だけでなく大野家の3人もいてくれたのが嬉しかった。
信作、やっぱりええやつやなぁ。

ファンデーション塗り直して仕事にいってきます・・・

エリカ様って恋愛ドラマやったことあんの?全く可愛げ無し

これだけ共感出来ないヒロインは初めて。八郎が不倫に走るのもわかるし、俺だったらこんな女お断り。

植物状態になっても尽くしてくれる狩野純の方が全然マシ!

朝から泣かされたわー

やれやれ
バカ親父やっと氏んだか。
ホンマ、家族や周りの人間に迷惑しかかけないクズだからほっとしたわ。

最初の頃、こいつがうっとうしくて何度観るのを止めようと思ったか。
脚本家は猛省しろ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました