NHK連続テレビ小説「半分、青い。」最終回と総括

半分、青い。
スポンサーリンク

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」

感動の最終回を期待していたのに、サラッと終わった感じです。

結果、1話だけ見逃しでした。

律と再開する回だったので、残念です。

さて、総括と行きましょうか。

漫画家編が面白かったので、その後の展開も期待していたのですが・・・

結果、残念!

漫画家終わったら、100円ショップで働いているし・・・

しかも、いきなり結婚して、離婚。

そこから、這い上がってくるのかと思っていたら、五平餅屋センキチカフェを始める。

このままのし上がっていくのか?と思っていたら、あっさり辞めて再上京。

さぁ、一大発明を始めるのか?と思っていたら、五平餅の移動販売?

はぁ?です。

極めつけは、扇風機の開発を始めるが、開発したのは律でスズメではない。

スズメが開発に、関わっている姿を描いてくれたら良かったんでしょうけどねぇ。

スズメは、そんなに頭が良くないですから。。。

スポンサーリンク

で、最終回の完成記念パーティーは自宅で?

投資形は招待しないの?それとも、別に行なったの?

なんのパーティーだったの?

東京にいたはずの律は突然現れるし、ポスターもすぐに変わってるし、時間軸もむちゃくちゃじゃん。

そして、最後、スズメはなぜ岐阜に残ってる?

そよ風の扇風機「マザー」を販売しなきゃいけないでしょう。

開発が終わったら、それで終わりか?

と、最終回だけでも、突っ込みだしたら、キリがない展開。

結局、なにがテーマだったのか?

ラブストーリーだったの?

最後までわからない展開でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました