NHK朝ドラ「まんぷく」GHQめぇ~!世良「なにがあってもおかしくない」

まんぷく

NHK朝ドラ「まんぷく」

GHQの命令かぁ!

混乱の世の中に乗じて、不当な取り立てとは・・・

だから、戦争は良くないんですね。

戦時中もですが戦後の日本も大変なことになっていたのですね。

萬平みたいな人が他にも多くいたのでしょうか?

世良の「なにがあってもおかしくない」

このセリフに、今後の不安が募ります。

てか、おおよそ知ってるけど。

福子のストレスも相当に溜まっていると思います。

東京都大阪の行き来も大変な時代だっただろうし、体力的にも疲れているのではないでしょうか?

今回の出産は、栄養よりもストレスですね。

お腹の赤ちゃんが心配です。

無事に生まれてこれますように。

父親が、そこにいないのは本当に寂しいことです。

早く、萬平を出してほしいけど、そんなに簡単には進まないだろうなぁ。

今週には出てくるんだろうけど、実際には、相当の時間と苦労があったに違いないと思うと・・・

スポンサーリンク

ネットの感想

美代子さんという見た目も中身も素敵な女性が置き去りにされていることを、再登場の野呂さんに教えてあげたい(笑)

2週に渡って辛い話。早く解決して欲しいな。野呂さんの再登場、楽しみです。

民間企業の足を引っ張っる役人

これだけはいまも変わらないな

日曜の朝はまんぷくが無いから寂しい。

塩軍団は発展的解消であることを願って止みません。三田村会長とも悲しいお別れになるみたいだけど、野呂さんや恵さん、その他懐かしの面々との再会を果たして今年の締めくくりとしてほしいです。

戦後日本のドタバタって、政府も国民も混沌としていたから、こんなことも普通にあった。
だから、本当なら世良さんみたいに機転のきく人や加地谷さんみたいなずる賢い人が大儲けしていった時代だと思う。萬平さんのような真面目な人には生きづらい日々だったが、頑張って乗り切ってほしい。

財務局や税務署が悪く言われるけど彼らも当時は必死だと思うよ
敗戦で歳入激減なのに賠償は激増し飢えた国民も食べさせなきゃならないのに闇商売や脱税横行でGHQにも命令されてるから徹底調査や告訴せざる得ない

闇業者やヤクザなど悪質な相手とも対決して強制的に徴収しなければならないのに高い税率のため国民には恨まれるだけとか使命感でもなきゃやってられないキツイ仕事だよね

実話だから仕方ないのだけど、この辛いはなしは早く終わってラーメン開発編に入ってほしい 見ていてかなし過ぎる

萬平さんが新しく事業を始めたら、また軍団の再集結もあるのかな?

闘病しながら見てる視聴者にとっても、生きてさえいれば朝ドラを見れる。と希望になってると思う。

萬平さんが釈放されて、新たに発明して、それを商品化する時にまた人手が必要になる。その時にまた塩軍団が集まったらいいなぁ~と思っています。

財務局もGHQに圧力を掛けられていたのか……
GHQに支配されてたのか。

三田村会長の病室に並んでいた缶詰を見て野呂フラグを立てた人も多いのではないでしょうか?

そもそも、戦争で勉強出来なかった若い社員の為の
奨学金が、脱税、逮捕になった。
罰金で、東京支社売却、大阪帰還、追徴課税、たちばな栄養食品解散。
話しは、どんどん、進んでるけど、若い社員達は、結局、勉強出来なくなり、会社もなくなっただけですね。
せめて、学校だけは、続けられたら、逮捕されたかいがあるのに、社員バラバラで、残念です。

戦後を知らない私には理不尽なことばかりの時代。
その中で先週の最後に財務局という役所の鼻を明かし、今週は国を相手に提訴する。
なかなかできることじゃないですが、
できることじゃないことをする人たち達だから
世紀の発明をできたんだね。

せめて年末は明るくなる展開で終わっていただいて新しい年を迎えたい…

まんぷくは24~28日って記事に書いてあるから年内は金曜日で終わりなのか。
総集編とか抜きにして土曜日まで本編を放送して欲しかったな。

久しぶりにテレビ小説を楽しんでます。さくらさんはもちろん長谷川さんも松坂さんの演技も素晴らしいです。こんなに熱心に見るのは小さな巨人やルーズベルトゲーム、陸王以来です。イヤー面白いです。

三田村会長演じる橋爪功さんの存在感に脱帽。なんて素晴らしい俳優さんだろうと改めて思った今週。

まんぷく見ていると、天皇陛下のお誕生日会見での「平成が戦争のない時代で終わろうとしている事に安堵します。」というお言葉が、より重く響いてくる。

終戦の前後にわたり、3度目の夫の逮捕という中にあって、弁護士と最善の方策を探る身重の福ちゃん。

たちばな栄養食品の解散を告げられ、みんなが悔し涙にくれた。支えあい、励ましあい、歯をくいしばって激労に耐え、みんなで作り上げてきたからケンカしても一緒にいられた。

一度は戦争という地獄を味わい、行く末も分からぬ人生を送るはずだった社員たち。神部くんの声かけで集まり、萬平さんと出会うことで、自分の存在価値を見いだしていった人たち。

福ちゃん(安藤サクラ)を含め、みんなの代表作となったことは間違いない…。

最後に流したみんなの涙!
知らない人たちの寄せ集め?と思ってた俳優さんたちが、ひとりひとり輝きを放っていた、心に残る映像でした。

福ちゃんの流した悔し涙が、いつの日にかうれし涙となって、1日も早く事態が好転しますように!

コメント

タイトルとURLをコピーしました