NHK朝ドラ「エール」ミュージックティーチャーが副音声で話題をかっさらっていった一週間だった

エール
スポンサーリンク

NHK朝ドラ「エール」

ミュージックティーチャーの副音声があんなに面白かったとは、毎日、副音声で見るんだったと後悔しています。

しかし、ミュージックティーチャーって、東京でもっと活躍しても良さそうに思うんだけど、時代背景があるのかな?

音と裕一の結婚を許した光子。

我が子を思う母親の揺れる心境を見事に演じた薬師丸ひろ子は、良い演技をしましたね。

未だに「いだてん」を思い出してしまいますが。

この後に訪れる裕一の苦難。

窪田正孝さんは、こういうところを演じさせると天才的なんだよな。

色々、思い出しながらの再放送は、結構面白いですね。

スポンサーリンク

ネットの感想

待ってました!初回から観てなかったのでお復習いができたのはラッキーでした。今後の展開が楽しみです。

二階堂はこんなドタバタ喜劇と知っててオーディション受けたのかしら。

殻を破って喜劇女優としてやっていきたいなら、ハシカン、長澤まさみ或いはおしゃ子の人くらい突き抜けないとダメ。

いよいよ志村さん再登場の日も近いね。その前に廿日市さんが出て来るが、まずは半沢直樹で悪そうな副頭取ぶりを見るか。

ここまでは裕一は順調だけどこの後どん底に落ちるんだよな。

いつまで、再放送してんねん。

コメント

タイトルとURLをコピーしました