NHK朝ドラ「まんぷく」紅白にドリカムは出ないそうです「あなたとトゥラッタッタ♪」

半分、青い。
スポンサーリンク

NHK朝ドラ「まんぷく」

早いもので、今年もあと2日。

朝ドラのない日がこんなに寂しいとは。。。

次の展開が楽しみなのになぁ。

年末、大晦日といえば、紅白歌合戦ですね。

まんぷくの主題歌、歌ってるドリカムは出るだろうと思っていたのに、出場しないそうです。

朝ドラの主題歌といえば、NHKの看板曲みたいなものなのに。

ドリカムも忙しいんでしょうけど、主題歌担当するなら、大晦日のスケジュールは空けておいてちょ。

紅白に出場する魅力がなくなってきてるのかな?

僕も、見るかどうかわかrないけど。

しかし、チキンラーメンはいつ出てくるんだろう?

予告では、まだまだ出てきそうになかったけど。

どのようにして、誕生したのか、楽しみです。

そして、牧善之助と野呂缶のコンビも。

野呂缶は、ずっと独身のような気もしますね。

いや、最後の最後で結婚するかな?

そんな楽しみもありながら期待です。

スポンサーリンク

ネットの感想

この渋谷チーフプロデューサーって、交代させるべきですね。

我が物顔で、自分の好き嫌いで出場歌手を選んで好き勝手。
たぶん権力があるから、なんとしてでも出たい歌手の事務所から
接待されてるんでしょうね。

受信料で成り立っていることを認識して欲しい。

権力が集中しないように
毎年、プロデューサーを変えるべきですね!!

風物詩など要らない、活躍した人が出られればいいと思うけど、数年経つと小林幸子と美川憲一対決を観たいって人がそろそろ出るかも。
それもいいと思うけど、毎年顔ぶれが「新鮮」なのがいいのであって、ジャニーズ枠も要らんと思う。

歌手として、親族やお世話になった方に、1度だけ紅白に出場したら親孝行ではないけど、それで良いのでは。昔みたいに紅白の価値がない。それとレコード大賞も同じ

その年にヒット曲も有名になったでもない歌手やアーティストが恒例のように紅白出ていいの?

その年にはその年のアーティストが出るべきだと思う。

安藤サクラが審査員にいて、まんぷくの雰囲気を盛り上げる感じだったのに、まんぷくを観ている者としては残念に思う。

審査員席に 半分青いのふたりと、まんぷくのふくちゃんがいるのに、片方は主題歌あって片方はないって…ふくちゃん、なんかかわいそう。
毎回思うが 朝ドラの主題歌歌う人は 紅白とセットにしてほしい。
そう思うのはおばちゃんだからかな。。

大々的に出場歌手の発表をして、今年は選ばれなかった歌手がいらっしゃるのに、後から後から特別枠で選ばれなかった方々以外の歌手の皆さんを選ぶのは、
私はちょっと納得いかないです。
だったら初めから、正式な出場歌手として選べば良いと思います。

最近の紅白は出場歌手発表までがメインになってるような気がします。

こればっかりは出演者の事情もあるので無理強いはできないんでしょうが、朝の連ドラファンのうちのおばあちゃんが「まんぷくの人は出ないの?」と寂しがってます。←ドリカムと言いたい。
連ドラを見てる方からすると、主題歌を聞いて朝が始まるぐらいの感覚みたいですよ。例え歌手を知らなくても朝ドラの歌ってだけで親近感がわくと言いますか。
若い世代の視聴者は好きなアーティストの出番だけ見たらガキ使ですから(笑)なんならテレビそっちのけで外へ遊びに行きますから。
年配層が楽しめるような構成にした方が絶対視聴率は上がると思うのに、年配層の意見がけっこう貴重な気がします。
連ドラの曲は毎日聞く人は聞くので1年の締めくくりに聞きながら、振り返るのがいいと思うんですがね~

普通なら正規出場して良い貢献度なのにね。来年ワンダーランドだからかな。

紅白紅白というけれど、テレビの前で実際に観ている者しては以前ほど価値がなく、アーティストの選考にも疑問がたくさん。同じ事務所から3組までという決まりがあったはずですが、物凄く偏っていてドン引き。個人の好みや事情があからさま。平成最後の紅白だったら今年に限らず平成元年にさかのぼって選考してもよかったのでは⁈
録画して観たいアーティストだけ再生して、あとは早送りかな。

ドリカムさんは年末年始にツアーをやっている年は、そこに集中するためにこれまでも何度か紅白出場を断っています。出るなら出るでしっかり準備をしてというスタンスの人たちなので、来年に期待かな。来年はドリカムさん30周年だし、ワンダーランドは秋頃だと思うから、紅白までの準備期間も取れると思うし。

国民の受信料で成り立っているはずが、ある種の利権に取り込まれているという構図が更に国民のNHK批判に晒されているというのもお粗末な話。
受信料を戴いている日本国民の為に、日本のアーティストでその年に活躍された各年代毎、単独、グループ、時事枠等でその時代背景を表す紅白であったならもっと各年齢層にも理解されていたかもしれない。
アーティストに取っても同世代やその枠の代表でその年を表す象徴ともなれば光栄に感じる事もあると思うが?
批判先行のNHKに出ても、今やアーティストにとってメリットは無いし見る側にとっても魅力は無い。

近年の朝ドラ主題歌担当アーティストで
紅白出演がないのは少数派ですよね。

ドリカムのコンサートスケジュール、
12/28が最終で次が来年1/6スタートで、
年末、年始に空白期間があるのだから、
出演すれば良かったのにと思います。

ドリカムの説明は、他の仕事があるなんですよね。

たしかにライブ以外の他の仕事はあるのかも知れませんが、

チケット販売済みでファンが来るライブと違って
ライブ以外の仕事なら調整して
紅白に出演するというのは可能だったのでは?
と思えるんですが。

最悪、中継でもNHK側はOKしただろうし。

出演交渉で
NHKに主導権がある場合と、
アーティストに主導権がある場合がありますが、

ドリカムの場合は、ドリカムが主導権を持っているのですね。

本来は次の朝ドラが北海道舞台で、ドリカムも30周年なのもあり、来年の4月からの方の主題歌だったようだという話を聞きました。来年の大晦日を方を空けておいたのでは?と思ったりします。なんらかの理由で繰り上がったのではないのかなぁ。

中村さんは事務所の社長でもあるので、せっかくの久しぶりの紅白に出る機会があるなら、ぜひ出場したかったんじゃないかと思うし、スケジュール調整がどうしても合わなかったとライブで言っていたので、残念です。

ジャニーズ批判は毎年あるがNHK は公共でしょう。ジャニーズ枠が多いのは国民の需要かそれとも忖たくか?受信料をとってるのであれば各戸から希望する歌手のアンケートをとって紅白出場者を決めて下さい。高い受信料を払ってる市民です。

人数絞って、実力のある人だけで質の高い番組にしたらいいのに。

ここ数年、紅白に出てほしいからこそ、大物アーティストを朝ドラ主題歌に抜擢してるんだろうけど、まあ失敗もあるよね。

朝ドラの主題歌頼む時にセットで紅白出場も頼めばいいのにって思います。

今年に関しては冬の五輪ソングとサッカーW杯ソングもありますから4曲になりますけど、NHKの番組なんだからそれぐらいはいいんじゃないかと。
セカオワ、サチモス、星野源は出ますしね。

紅白に出場する事自体が、もはやアーティストのスティタスでは無いような気がする。
どちらかと言えば「紅白出場を辞退する事がスティタス」になっているようなここ数年。
南極越冬隊の隊員も他の番組を観ているのではないか?
そりゃ、ダウンタウン好きの隊員がいてもおかしくないし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました