NHK朝ドラ「なつぞら」ブログ村のINポイントがつかない

なつぞら
スポンサーリンク

NHK朝ドラ「なつぞら」

朝ドラとは、全く関係なのですが、ブログ村のINポイントがつかないので悩んでおります。

ワードプレスの設定かな?

rel=”noopener noreferrer”が原因でリファラーが遮断ということらしいけど、ついてないし?

ワードプレスのテーマを変えてからだよなぁ。

後で調べるか・・・

さて、千遥の運命は?

予想通り、なつが声をかけた子は千遥ではなかったですね。

お亡くなりになったということではないようなので、いつか出会えるのでしょうか。

辛いのはわかるが、火垂るの墓?

あの当時は、そういうことが多かったのでしょうか?

混乱の時世ですから、子供がひとりいなくなったとしても、放置されていたのでしょうね。

千遥の思いを思うと辛いですね。

スポンサーリンク

ネットの感想

久しぶりに観ていて辛い回だった。というか、今までが妹の生死もわからないのに能天気すぎたんだけど。
咲太郎は家族の再会を願うならいくら辛くても孤児院から逃げ出すべきではなかったね。
何かあったらここに連絡すればいい、という場所だったんだから。

しかし、なつがキャラクターデザインを頑張る場面は作らないのか…と残念。
明日いきなり常盤御前を初めて見せられて、採用!となったら視聴者の置いてけぼり感はんぱないな。
あと信さんにはちゃんと報酬というか謝礼を払っているんだろうか。

千遥に愛想笑いで世間を渡ることを教えたのはなつ本人だから余計辛い。しかもなつは引き取られた先でそれを否定した上に受け入れてくれた家族がいたけど、千遥には居なかった。幸せだった自分とは真逆の千遥を思うと胸が張り裂けそう。

尤も孤児院から引き取られた段階で咲太郎の持ち金を巻き上げて、その後は連絡するなという隠蔽工作するような設定だからとんでもない扱いを受けていたのは予想できたかなと。

夢だったアニメーターになれたのに、はやくも重役出勤…
なつのつらい気持ちを表現するのは、遅刻ではなくてもいいのでは。脚本家さん、昔の良い子だったなつに戻してください。東京に来て一年半、なつは変わってしまいました。

まあ2、3日すれば、すっかり笑顔のなつがいるんだろうな。
遅刻はないよな。むしろ寝られずに早く出社している方が自然だが。

妹が孤児院を出た意味がない。
良い人だった叔母が夫が負傷して帰国してすぐに鬼叔母に変身したって
事?無理くりな脚本やなあ。
叔母宅も子だくさんで大変。夫はまともそうだからイジメから守る
為にも孤児院に事情を話して孤児院に戻すという考えに
至らなかったのか。

今日は今までで一番悲しい回だったかも。

なつは柴田家で幸せに暮らしていたのに、千遥はおばさんにいじめられて、昭和21年当時6歳で家出していたなんて。

咲太郎も孤児院を逃げ出したけど、亜矢美さんのおかげで人並みの生活を送れて来たのに。

今頃千遥はどこで何をしているのか、生きているのか死んでいるのかもわからない状態。

咲太郎の様に、良い人に拾われて、人並みの生活を送れている事をただただ祈るのみです。

でも戦後は千遥の様な子供がたくさんいたんでしょ?なつはそれだけ恵まれていた、運が良かったって事だよね。

北海道の家族はさ、大きな農場を経営していて余裕があったから、なつにも優しく出来たんだよね。

妹を引き取り一時的でも世話をしてくれた親戚を責める資格があるのかな?自分達も成人する今まで探そうとしなかったのに。謝っている親戚が気の毒な気がした。

おじたちの告白は言葉が直接すぎる。叔母が千遥につらく当たったにしても、自分らの家族じゃないか。もう少し柔らかい表現で母を完全な悪者にしない言葉を選べなかったものか。
それにしてもなつの行き先を千遥が持っているのに連絡がこないのは、叔母のところを逃げ出してすぐいい人とめぐり合って幸せな15歳で高校進学できたか、真逆に悪いのにつかまって場末で働かされているかどっちかだ。つまり連絡の必要の無い生活にすぐに溶け込めたか、連絡できないように取り上げられたかだ。そうでないなら手紙を書けるようになった頃、なつに連絡していたと思う。
大丈夫、生きているって。

実子がなくなって妹咲子がその子の役割してると思ったけど違うのかな
よって話していた相手が妹で
にしても東京編になってから天才扱いの人生イージーモードのドラマになってきて面白さが減ってしまった

そういえば、なつも家出したよね。
咲太郎も孤児院から家出したわけだよね。
会えなくて残念だけど、気持ちはわかるだろうね。

信さんも孤児だったのに1人でちゃんと生きてる。

今さら泣かれても…
東京にでてすぐ探しはじめて分ったならともかく、それなりに東京での生活エンジョイしてからってのが。
妹を大事に思ってたことが伝わってこない。

急に「火垂るの墓」出てきた、、、
これが現実、、、

いい事ばかりのなつ。
辛い事ばかりの千遥。

なつの北海道の住所を千遥が持っている、ってことが、次につながるのね。
「千遥、北海道に現れる」だな。

千遥の方がなつより現実的な人生に遭遇していたんですね。どれだけ辛く当たられても何時も笑っていたと聞くと千遥ちゃんの人柄を感じて泣けてきます。

ストーリーを見せたいのか?
広瀬すずを見せたいのか?

辛いのは分かるけど遅刻はダメだよ!なっちゃん。
プライベートと仕事は分けなくちゃ。

まともな兄だったら、もう連絡するなと
言われて近所にも知らせず転居した時点で
心配して探すよなあ。
実兄にも責任あると思うけど全く悪びれた
感じなしw

多分どこかで生きているんだろう事が分かって感動の大団円を迎えるのだろうが,これじゃアニメの世界に集中できなくなっちゃう,少なくとも自分は。

コメント

タイトルとURLをコピーしました